赤坂散歩

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




[PR]



2006年07月17日(Mon)▲ページの先頭へ
勢きね〜赤坂のうなぎ店をご紹介します。
海の日の午後、家族で赤坂のうなぎ店『勢きね』さんに行ってきました。
勢きねと書いて『せきね』と読みます。

きっかけといえば、ご主人が当店をご贔屓にして頂いていること。
それに土用の丑の日も近いということでしたでしょうか。

中学生の子供にはちょっと贅沢かなと思いつつ予約の電話を入れて『勢きね』さんへと向かいました。

お食事メニューは丼とひつまぶし。
予算的には一人三千円前後というところ。
カウンター席と個室が2部屋というこじんまりとした空間ですが、掘り炬燵式の居心地の良い席でしたので待つことも苦になりません。

「割き三年、くし打ち八年、焼き一生」がうなぎ職人の座右の銘と聞きました。
それだけにご主人の若さに懸念もあったのですが、一口頂いたかば焼きにそんな心配は吹っ飛んでしまいました。

その味は江戸前のふっくらと柔らかい、ほんとうのほんもの。
脂がのっていながらも、決して重くなく、皮目の香ばしさも炭火ならではの技なのでしょう。実に美味しい。

伺えば鰻は静岡県吉田町の産。
吉田町は静岡県のほぼ中央を流れる大井川西岸河口に位置し、西に牧の原大茶園、南は駿河湾に面した日本屈指の養殖うなぎの産地とのこと。

ご主人はいかにも職人らしい気さくなお人柄なので、何一つ自慢めいたことを聞かされることは皆無なのですが、味へのこだわりは並々ならぬものがあるはず。

まずは実際、その味をご賞味なさることをおすすめします。

一番率直な感想を言ってくれる息子が、「また来れるよね!」と言ってくれたのが何よりの証拠です。


うなぎ 赤坂 勢きね

東京都港区赤坂9−1−7 赤坂レジデンシャルホテル1階
電話:03−5410−1500
(千代田線赤坂駅か乃木坂駅、日比谷線・大江戸線六本木駅が最寄駅です)

平日 昼 11:30〜14:30(L.O 13:30)  夜 17:30〜22:00(L.O 21:00)
日祭 昼 11:30〜15:30(L.O 14:30)  夜 17:30〜21:00(L.O 20:00)
定休日:土曜
(売り切れ次第終了となるそうです)



2006年05月10日(Wed)▲ページの先頭へ
Coffee&Sake Bar DACHS にぶらり途中下車 
さて今日は、昼間はコーヒーショップ、夜はお酒がのめるお店「DACHS」をご紹介します。東京メトロ千代田線「赤坂」駅から雨に濡れずに行ける近さ。以前、お世話になっている方におよばれした折、口当たりがよくて、キレのいい新潟の銘酒「〆張鶴」のワンカップがあったので感激したお店です。ランチタイムにも伺いたいのですが、私が行くのはもっぱら夜。日本酒・焼酎は銘柄の豊富さに迷うほどですが、大丈夫。尋ねれば親切に、それぞれのお酒の品評を聞かせてくれます。あれこれと呑み比べるのも楽しいものです。あらかじめ予算をママに伝えておけば、おまかせで料理が出てきますので接待にも好都合。気遣い心遣いが嬉しいお店です。赤坂散歩のついでに是非お立ち寄り下さい。場所はスーパーマーケット「フーデックス」が1階に入っている国際新赤坂ビル東館の地下1階。みつけられなければ電話(03−3587−0441)してでも行く価値がありますよ。
 



   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2017年11月
     
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:44
昨日:507
累計:949,509