クラフト小川 ぎゃらりー小川  店主 小川純一郎 “モノもの” 応援帳 - 2011

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




2011年09月30日(Fri)▲ページの先頭へ
手作り5人展 2011年秋〜赤坂ギャラりー探訪
桜井ケンイチ,太田曜子,永江ますみ,本多玖未子,小島厚子による「手作り5人展」

手作り5人展─2011年秋─

 創作レザーアクセサリー作家 小島厚子さんを中心とした手作り5人展が、ぎゃらりー小川にて2011年9月26日から10月1日まで開かれています。
 この機会にメンバーの人と作品をご紹介したいと思います。 
 尚、手作り5人展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。
手作り5人展をYou Tubeでご紹介中


陶芸/桜井ケンイチ


(狭いとこ好きだね。)
「好きだよ。」
(窮屈じゃないの?)
「快適だよ。」
ちょっと考えて
「お母さんが宝物をたくさん入れてくれるんだ。」

桜井ケンイチ 作品bU 
税込価格各¥21,000


(ろくろを引いているとき、何をかんがえているの?)
「今まで見た風景を思い出しているよ。」
(無心ではないの?)
「何か必ず考えているよ。だって猫だもん。」

桜井ケンイチ 作品bR 
税込価格各¥9,000


ナムプラ族の宗教行事「水上浮遊」。
これは厳格な修行である。
大嫌いな水に浮かび、無心にならねばいけない。
(でも、ビールを飲んでる猫がいる…。)
「すみません。ついデキゴコロで。」

桜井ケンイチ 作品bP1 
税込価格各¥5,000

 桜井さんの作品は一見、素焼き風に見えますが、1,250℃でしっかりと焼き締めた硬質の陶器。土は信楽と萩を使います。
 モチーフは「猫」と「家」。オブジェを主体に、時計・花器・照明なども出品されています。
 神奈川県秦野市出身の桜井さんは、もともとは舞台美術を学ぶために北京の美術学校に留学していたという変り種。帰国後は陶芸家を志し、山口県萩市の由緒ある萩焼窯元・三輪窯にて三輪休雪(12代)に四年間にわたり師事しました。12代は11代三輪休雪の長男で、前衛オブジェを中心に革新的な作陶をつづけ、新しい陶芸の伝統づくりをめざしていることでも有名ですが、桜井さんはこの師匠のもと、粘土を練り、薪を割りと、陶芸を一から勉強しなおしたとのことです。
 この経験が今の桜井さんの創作のベースとなったことは言うまでもありません。帰京後は、地元である秦野で2003年に独立築窯。現在に至ります。その作風はまるで童話や絵本から抜け出したようで、正にアートと呼ぶにふさわしい不思議で幻想的な魅力にあふれています。
 桜井さんのブログ「桜井ケンイチのデキゴコロ」も是非ご覧下さい。

工房「猫と一緒」/太田曜子


太田曜子 猫のランプ(石粉粘土/高さ23センチ) 
税込価格¥15,000


太田曜子 猫のクルクル カレンダー
(木の粘土/縦15cm×横15cm) 
税込価格¥8,400


太田曜子 こぼし風福猫(木の粘土/高さ約4cm) 
税込価格(1匹につき)¥2,100

 「思わず笑ってしまう」をテーマに、様々な粘土を使った造形作品を作る粘土作家 太田曜子さんの創作モチーフは「猫」。
 石粉粘土・樹脂粘土・木の粘土など幾種類もの粘土を使い分けて作られるのは、招き猫はもちろんのこと、アクセサリー・インテリア・ランプ・時計などです。それらはすべて手びねりの一点もの。
 キャリア15年の手技が作り出す猫たちからは、見れば見る程、元気をもらえます。今回は新作のカレンダーを携えて、長崎県大村市から二回目の出品です。


布バッグ/永江ますみ




永江ますみ 布バッグ「猫」 
税込価格¥17,000






永江ますみ 布バッグ「犬」 
税込価格¥30,000




永江ますみ 布バッグ「花」 
税込価格16,800

 「こんなバッグ、見たことない!」と思わず快哉を叫んでしまうほどに愉快な布バッグを作るのは永江ますみさん。学生の頃からテキスタイルの勉強をはじめ、長くテキスタイルデザイナーとして勤め上げられた後、布への愛着止み難く、「布バッグ作家」として創作活動を始められました。爾来五年の歳月が流れた今、個性豊かな作品が陸続と生まれています。
 永江さんの布バッグはすべて一点もの。一見するとポップですが、手にすれば、そのしっかりとした質感から仕事の確かさを実感出来、トラデイショナル(伝統的)ともコンテンポラリー(現代的)ともいえないデザインには、従来の枠を超えた発想があります。


帽子/本多玖未子


本多玖未子 展示風景


本多玖未子 帽子 税込価格¥6,090
フリースのパッチワーク


本多玖未子 帽子 税込価格¥10,500
レース織

 ゆるやかなシルエットが特徴の帽子をつくる本多玖未子さんは現在、静岡県浜松市在住。
 もともとはエレクトーン講師としてご活躍でしたが、ご主人の転勤にともない浜松に転居してからは、かねてからの帽子好きが高じ、ついには本職としてしまいました。それから15年、いまでは堂々の帽子作家です。
 既製品の帽子は生地を木型に被せて形状を作るものが多いのですが、本多さんは一つ一つ型紙を起こし、洋服の裁縫するように作っていきます。だからシルエットがソフト。 それは無論、かぶりやすさにも通じるんですね。あたたかでソフトな触り心地がうれしい帽子です。良い生地を探すのが趣味という本多さんの帽子は素材の多彩さに於いても、ひときわ目を引きます。


皮革アクセサリー/小島厚子


創作レザーアクセサリーWELL 小島厚子 ペンダント 
税込価格¥42,000
材質=皮革


創作レザーアクセサリーWELL 小島厚子 ペンダント 
税込価格¥24,150
材質=皮革


創作レザーアクセサリーWELL 小島厚子 ペンダント 
税込価格¥16,800
材質=皮革

 小島さんの作品の特徴は彫金の経験から皮革を金属のように仕上げていること。お母様の趣味のレザークラフト、お父様の趣味の油絵、自らの彫金の技術を合体させて独自の作風を確立した創作レザーアートです。デザインはユニークで面白く、そして楽しい。実用的には超軽量。長く使うほどに独特の艶が出てきます。
 詳しくは小島さんのウェブサイトをご覧下さい。


手作り5人展出品者
(左から本多さん・小島さん・太田さん・永江さん・桜井さん)
*一部の内容を「手作り5人展 2010年秋〜赤坂ギャラりー探訪」から転載しております。ご了承下さい。


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2011年06月05日(Sun)▲ページの先頭へ
清水大介〜現代陶芸家列伝/京焼
京都山科「清水焼」清水大介の京焼による「清水大介 陶展」

清水大介(きよみず だいすけ)
 
シンプルでありながらも力強い形、
そして暖かみのある器作りを
心がけております。
清水大介

 京都山科の清水焼団地町に今年、京焼の将来を担う若手として窯を構えた陶芸家 清水大介(きよみず だいすけ)さんの作陶展が、ぎゃらりー小川にて2011年5月30日から6月4日まで開かれました。東京での初個展です。この機会に清水大介さんの人と作品をご紹介したいと思います。

 清水さんは陶芸家である父君、清水 久氏の長男として生まれました。若いだけに探究心も旺盛で作品も多様ですが、そのなかに一つ貫くものがあります。
 素質の良さといっていいでしょう。
 陶芸に対する天性の才は正に、うべなるかなと得心出来ます。

 また、江戸時代より連綿と続く京焼の名家『清水六兵衛』家の分家筋にあたるという恵まれた陶境に甘んじること無く、人間国宝 清水卯一氏の系譜を継ぐ猪飼祐一氏に師事。京焼の本流に身を投じ、京焼の王道を一から歩み始めた、その温厚で誠実な人柄も特筆するに値します。

 削りを最小限に抑え、自然な造形のしなやかさを追求する清水さんの轆轤の冴えは、正に師匠ゆずり。その美しい形と釉薬の面白さからは、伝統に埋もれることを潔しとしない気概が感じられます。
 伝統が慈しみ育てた先祖からの遺産を大事に守りながらも尚、日々研鑽に励むその姿勢に、ますます期待の作家として、将来を嘱望する思いが募る次第です。

 その得意とするところは織部。婆娑羅(ばさら)で、作り手にも、見る側、使う側にも味わいどころ、楽しみどころの多い器ですが、一方では整った気品と轆轤の繊細な乱れに不思議な瑞々しさを湛えた白磁にも挑むなど、新しい個性に出会う喜びに満ちた作品展となりました。

 清水大介 陶展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中。

清水大介 陶展を動画でご紹介


【 作  品 】


清水大介 織部手付き小鉢 税込価格¥2,940
12.5×18×高さ5.5cm


清水大介 織部カップ 税込価格¥3,150
径9.5×高さ11・5cm


清水大介 織部注器 税込価格¥13,650
16×20×高さ15.5cm


清水大介 織部手付きカップ 税込価格¥3,675
径9×14×高さ14cm


清水大介 緑釉掛分角皿 税込価格¥6,300
19×19×高さ2.5cm


清水大介 赤銅釉茶碗 税込価格¥29,400
径9.5×高さ8cm


清水大介 マンガン釉金色鉢 税込価格¥8,400
17×19.5×高さ8cm


清水大介 月白釉裏紅杯 税込価格¥3,360
径8.8×高さ7.5cm


清水大介 白磁緑点文香炉 税込価格¥18,900
径8.5×高さ13.5cm


清水大介 白磁鉢 税込価格¥22,050
径25.5×高さ7.5cm


清水大介 マンガン釉一輪生 税込価格¥13,650
径10×高さ13cm


清水大介 白磁カップ 税込価格¥2,940
径7.1×高さ11.3cm


清水大介 月白デミタスカップ&ソーサー 税込価格¥5,250
カップ:径6×8.5×高さ6cm
ソーサー:径13.8×高さ1.5cm


清水大介 桃紫釉カップ 税込価格¥3,360
径7.5×高さ10cm



清水大介

【 略 歴 】
1980 陶芸家 清水久の長男として生まれる
2003 京都府立大学環境デザイン学科卒業
2004 京都府立陶工高等技術専門校成形科終了
2005 同校研究科修了
   陶芸家 猪飼祐一氏に師事
2006 伝統工芸近畿支部展初出品初入選
2007 ギャラリー洛中洛外 喜兵衛窯一門展出品
2008 京都市内岩倉にて制作を始める
2009 伝統工芸近畿支部展入選
   ギャラリー洛中洛外にて初個展
2011 工房を京都市山科区清水焼団地に移す
   ぎゃらりー小川にて東京初個展


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2011年04月14日(Thu)▲ページの先頭へ
本谷眞智子〜現代染色作家列伝/柿渋染
山形県小国町の染色作家 本谷眞智子による「本谷眞智子 むかし染 ─ 柿渋染 ─ 展」

本谷眞智子(ほんたに まちこ)

 山形県小国町に「染工房どんぐり」を構える染色家 本谷眞智子(ほんたに まちこ)さんの柿渋染展が、ぎゃらりー小川にて2011年4月11日から15日まで開かれています。この機会に本谷眞智子さんの人と作品をご紹介したいと思います。

 本谷さんの工房がある小国町は磐梯朝日国立公園に属する、朝日連峰、飯豊連峰という雄大な山並みに包まれています。夏は雨が多く、冬には全国有数の豪雪地帯となりますが、その水は多くの動植物の生命を育み、豊かな作物の実りをもたらすのです。本谷さんは、この地の1万5千坪(!)にも及ぶ広大な敷地のなかで鶏を飼い、無農薬野菜を栽培し、そして染色の創作に精力的に取り組んでいます。


 先人の知恵がいっぱい詰まった柿渋染。もともとは漬物を好む土地柄から、漬物桶の防水に使われていたとのこと。もちろん一般にも、和紙に染めて番傘にしたり、酒袋や漁網の染めに使われてきました。また衣類をはじめとする布製品にも、紫外線を防ぎ、消臭効果に優れ、布を丈夫にするという実用的利点から多く使用され、時の経過と共に、色合いや風合いの変化を楽しめることも大きな魅力とされています。

 本谷さんが柿渋染に取り組む契機となったは、小国町への転居でした。豆柿(マメガキ)が庭に沢山なっていたのです。柿渋は、この豆柿の未熟果を発酵させて作ります。市販のものには2年ものなど若い柿渋もあるようですが、すべてを手づくりする本谷さんは、熟成してからもさらに7〜8年もの間、じっくりと柿渋を寝かせることで色を深め、独特な臭みを取り除きます。

 こうして出来上がった山形の柿渋は優しい色に染め上がります。その訳は北国の穏やかな日差し。柿渋染は太陽の染めとも呼ばれるほど、太陽の光に何度も何度も曝す事で、どんどん色の深みを増して出来上がりますが、南国の強い日差しで一気に発色させるよりは、昔ながらのやり方にこだわり、ゆっくりと時間を掛けることで、色ムラの無い最高の柿渋色が生まれるのです。


 一枚の布が染め上がるまでには、40〜50回も柿渋を染め重ねる作業を繰り返さなければなりません。染めれば染めるほど柿渋が繊維の中まで浸透し、色落ちも少なくなります。作業が出来るのは四月から九月の半ばまで。使う布は麻・綿などの植物性の天然素材。古布は使わず、バッグや帽子もすべて本谷さん自身が縫製します。
山形の太陽と風土に根ざし、素材と手法にこだわり尽くして出来た作品の数々には、柿渋染の真髄に出会う喜びがあります。

 尚、本谷眞智子 柿渋染展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。
本谷眞智子 柿渋染展を動画でご紹介


【 作  品 】


本谷眞智子  ニットカーディガン
【柿渋染】綿100% 税込価格¥73,500
ブローチ
【柿渋染】 税込価格¥3,675

 
本谷眞智子  組み合わせバッグ
【柿渋染】酒袋と綿布 税込価格¥26,250


本谷眞智子  半袖ブラウス
【柿渋染】綿100% 税込価格¥26,250


本谷眞智子  蔓編みバッグ
【山葡萄】 税込価格¥120,000


本谷眞智子  帽子
【柿渋染】麻100% 税込価格¥15,750


本谷眞智子  ニットセーター
【柿渋染と藍染】綿100% 税込価格¥63,000


本谷眞智子  のれん
【柿渋染】葛(くず)布 税込価格¥157,500


本谷眞智子  ボレロ
【柿渋染】綿100% 税込価格¥52,500


本谷眞智子  バッグ
【柿渋染と藍染】酒袋と綿布 税込価格¥18,900


本谷眞智子  蔓編みバッグ
【沢ぐるみ】 税込価格¥70,000


本谷眞智子  ロングベスト
【柿渋染】綿100% 税込価格¥50,400
半コート
【藍染】麻100% 税込価格¥31,500


本谷眞智子  ブラウス
【柿渋染】琉球絣(綿100%) 税込価格¥31,500
スカート
【草木染】麻100% 税込価格¥36,750


本谷眞智子  長袖ブラウス
【柿渋染】綿100%/金糸入り 税込価格¥29,400


本谷眞智子

【 よ こ が お 】
群馬県館林市生まれ。日本染織学園(京都)卒業後、益久染織研究所にて学ぶ。現在、山形県小国町在住。ぎゃらりー小川(東京)・ギャラリー温々(埼玉)・大和屋ギャラリー(群馬)・ギャラリーサザ(茨城)・アトリエ トム(千葉)・ギャラリー藍花(静岡)にて個展。島屋・三越・松坂屋など百貨店にてグループ展多数。


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2011年9月
       
 

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:206
昨日:219
累計:910,827