クラフト小川 ぎゃらりー小川  店主 小川純一郎 “モノもの” 応援帳 - 2008/10

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




[PR]



2008年10月29日(Wed)▲ページの先頭へ
秋… ふたり展 ─2008─ 開幕!
彫金の上原由美子ときもの地創作服の丹美与による彫金ときもの地創作服の「秋… ふたり展」

秋… ふたり展

 「秋… ふたり展」と題した2人展がぎゃらりー小川にて2008年10月27日から31日まで開かれています。素材の質感を豊かに表現する彫金は上原由美子さん。着物をリメイクして洋のモダンと和の伝統美を取り込んだ独創的な創作服をつくる丹 美与さん。この機会に2人の作品をご紹介したいと思います。
 尚、「秋… ふたり展」の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。

彫金/上原由美子


上原由美子  ネックレス 税込価格¥200,000
ルベライト、キャッツアイ、K18GOLD


上原由美子  リング 税込価格¥18,900
SILVER925


上原由美子  リング 税込価格¥180,000
SILVER925(いぶし銀)、血赤珊瑚


上原由美子  ピンブローチ 税込価格¥22,000 売約済み
SILVER925、パール


上原由美子  リング 税込価格¥46,000
ガーネット、SILVER925

イヤリング 税込価格¥22,000
ガーネット、SILVER925


上原由美子  ブローチ 税込価格¥15,000 売約済み
SILVER925


上原由美子  ネックレス 税込価格¥130,000
レインボウムーンストーン、ガーネット、ルビー、K18GOLD

ふだん『彫金』と呼ばれる金属工芸のジュエリーを制作する手法は、彫金・鍛金・鋳金に大きく分けられます。
上原さんの仕事は鋳金(ロストワックス製法)。
型に金属を流し込み作品を作ります。素材となる金属は金(K18)と銀(925)。リング・ブローチ・ペンダント・イヤリング、天然石を使ったものもあります。また、オーダーやリフォームも可。
作品は原型となるワックスが可塑性に富んだものだけに、全体にソフトな仕上がりですが、素材の質感を大事にしているだけに、とても存在感があります。
さりげないようでいて、その実、細かいところまで気を配った上原さんの仕事は、身に着けた方を美しく輝かせ、とてもお洒落な印象を与えてくれることでしょう。

きもの地創作服/丹 美与


丹 美与  ワンピース 税込価格¥58,800
絹100%、小紋


丹 美与  ワンピース 税込価格¥58,800
絹100%、綸子


丹 美与  ブラウス 税込価格¥27,300
絹100%、羽二重、友禅


丹 美与  ブラウス 税込価格¥33,600
絹100%、ちりめん、友禅


丹 美与  ジャケット 税込価格¥68,250
絹100%、つむぎ


丹 美与  ジャケット 税込価格¥126,000
絹100%、丸帯(金糸・銀糸)


丹 美与  ベスト 税込価格¥16,800
絹100%、しぼり(リバーシブル)

丹さんの針仕事の原点は、針を持つお母様との思い出にあります。例えばお人形作りを覚えたり、授業参観にいらしたお母様の、着物をリメイクしたワンピース姿を誇らしく思ったり・・・と。
日本伝統の職人技が駆使された着物や帯には、先人が生み出したすばらしい紋様やデザインがたくさん詰まっています。でも悲しいことに、それが箪笥の肥やしとなっているのも現実。丹さんの仕事は、箪笥の中で眠り続ける、思い出の詰まった着物や帯を美しく、優しく、新たな命を吹き込むこと。
和(着物)から洋(洋服)へとリメイクされた丹さんの作品を手にすると驚くほどの軽さに、まず驚かされます。そしてスタイル良く見せるデザインや裏地への粋な心遣いなど新鮮な喜びがあります。
着物をお持ちくださればステキな洋服になるとのこと。
オリジナルリメイクのご相談は丹さんのお店「裁縫屋」(TEL/FAX 03-3978-8653)までお気軽にどうぞ。

【丹 美与 プロフィール】
1988年 大泉学園駅前にオリジナルの店《裁縫屋》オープン
1989年〜東急百貨店本店ギャラリーにて『ちりめん手描き・古布展』
1995年〜東急百貨店10F四季彩工房にて年2回『きもの創作服展』
2001年〜高島屋新宿店《和 わ WA》ショップにてリメイク担当デザイナー/大阪大丸百貨店梅田店にて年2回、展示会とファッションショー
2001年5月 新宿京王プラザホテルにて出版記念ファッションショー
2002年 東急セミナーBE渋谷教室にて《丹 美与きものリメイク教室》講師
2002年10月 西武百貨店池袋店コミュニティカレッジにて《丹美与きものリメイク教室》講師
2003年 外人記者クラブにてファッションショー開催
2004年 帝国ホテルにてファッションショー開催
2007年 【和で遊ぶ 布の祭典】(於グランドプリンスホテル赤坂)にて着物リメイクファッションショー開催
百貨店・ギャラリーを中心に作品を発表している。



丹 美与(左)/上原由美子(右)

★秋… ふたり展バックナンバー★
2007年10月


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。


2008年10月21日(Tue)▲ページの先頭へ
手染・手紡・手編展(第24回)オープン!
小林令子と鈴木博子の手染・手紡・手編による「手染・手紡・手編展(第24回)」

手染・手紡・手編展
 
 鈴木博子さんと小林令子さんの第24回 手染・手紡・手編展が、ぎゃらりー小川にて2008年10月20日から25日まで開かれています。
 今回で24回目。なんと!当ぎゃらりーで24年目の秋となりました。
 お二人は共にニット歴25年、ヴォーグ学園手編科で学びました。当時、手編のセーターといえば実用的ではあっても、ともすれば野暮ったいものとされていたそうです。
そこで思い立ったのが『オシャレな手編』。はじめの一歩となりました。
 誰の目にも、お二人の作品が極めて精緻なテクスチュアーと、複雑な色彩に満ちたものであることがお分かり頂けると思います。
 これも入念にして綿密な設計あってのこと。まずはデザインありき。ここから原毛の選定、糸づくりが始まります。例えば赤い糸を作るにしても、様々な色相の赤を染め上げ、それを一本の糸に紡いでいきます。正にオリジナルな糸が出来るはず。
 既製品ならば、かなり着応えのある重さとなるはずのセーターやカーディガンも、実物は驚きの軽さ!そして、しっかりと暖かい。手で紡いだ糸ならばこそのマジックですね。
 既製品に飽き足らない方にきっと御満足頂ける作品展です。
  
 尚、手染・手紡・手編展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。


【 作  品 】


小林令子 カーディガン 税込価格¥68,000売約済
草木染(ローズマリー・自然色)


鈴木博子 カーディガン 税込価格¥65,000
草木染(コチニール・ラックダイ)・化学染料・自然色


小林令子 ハーフコート 税込価格¥68,000
草木染(藍・くるみ)


鈴木博子 カーディガン 税込価格¥58,000
草木染(藍・コチニール)・化学染料・自然色


小林令子 セーター 税込価格¥58,000
草木染(藍)


鈴木博子 セーター 税込価格¥58,000
自然色


小林令子 セーター 税込価格¥65,000売約済
草木染


鈴木博子 セーター 税込価格¥62,000売約済
草木染(コチニール・ラックダイ)・絹入り


小林令子 ベスト 税込価格¥28,000
草木染(ローズマリー・自然色)


鈴木博子 ベスト 税込価格¥35,000
草木染(藍・ひめじおん・etc.)・自然色


小林令子・鈴木博子 手紡糸 100g¥4,000(税込)


小林令子(左)・鈴木博子(右)

★手染・手紡・手編展★
バックナンバー 第23回展



お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年10月15日(Wed)▲ページの先頭へ
ジュエリーとくみひもの3人展─2008年─開幕!
須貝清和,細井真理子,塚田道代による「ジュエリーとくみひもの3人展」

ジュエリーとくみひもの3人展

 くみひもとジュエリーの3人展がぎゃらりー小川にて2008年10月13日から18日まで開かれています。
 この機会に3人の作品をご紹介したいと思います。
 尚、くみひもとジュエリーの3人展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。

ジュエリー/細井真理子


細井真理子  ペンダント 税込価格¥14,000
ペリドット、ルチルクォーツ、18K(ひげ部分)、銀


細井真理子  バングル 税込価格¥9,000
アンフィボール、銀


細井真理子  ペンダント 税込価格¥10,000
ラブラドライト、銀


細井真理子  リング 税込価格¥4,000
パール、銀

細井さんは、もともとは服飾の勉強をなさったそうですが、惹かれるものがあってジュエリーの世界に転身。石屋さんに4年間勤め、世界中のあらゆる天然石に触れてきた努力家です。ジェムストーン【ガーネット、アメジストやトパーズ等のセミ・プレシャス・ストーン(半貴石)のこと】に関しては目利きを自負するだけあって天然石を使ったジュエリーがお得意。リング・プチペンダント・ピアスなど大人かわいいスタイルの逸品が揃っています。ずっと探していた「自分」だけのオシャレがここから始まるかもしれません!ネックレス・ブレスレットなども色々あります。

ジュエリー/須貝清和


須貝清和  ブローチ 税込価格¥27,300
銀、珊瑚


須貝清和  杢目金(もくめがね)ペンダント
税込価格¥24,150 銀、銅


須貝清和  杢目金(もくめがね)ピアス
税込価格¥17,850 銀、銅


須貝清和  杢目金(もくめがね)リング
税込価格¥18,900 銀、銅

横須賀でデザイン工房エッセを主宰する須貝さんのジュエリーはエレガンスでスタイリッシュ。でも上品なだけでなく、どこかキリッとしているんですね。きっと須貝さん御自身、一級建築士でもあるだけにその感覚が活かされているのだと思います。そして是非ご注目頂きたいのが杢目金(もくめがね)。杢目金とは今から400年前の江戸時代、刀の鍔の細工として秋田県で誕生し、100年続いたあと300年ものあいだ途絶えたことで幻の技法とさえいわれる金属加工の技術。色の違う金属プレートを交互に重ね、高温で融着し、彫りを入れては打ち延ばすことを繰り返すことにより人工的に木目模様を作り出す至難の技法です。文献も無いため数少ない内外の金工作家が、試行錯誤しながら現在もその復元にチャレンジしています。
須貝さんはオリジナルオーダーのデザイン・制作やリフォームにも親切に対応して頂けるそうです。引き出しに眠っているリングなどあれば、是非一度ご相談なさっては如何でしょう。詳しくは須貝さんのウェブサイトをご覧下さい。

くみひも/塚田道代


塚田道代  帯締め 税込価格¥48,300
(金属制作/須貝清和)


塚田道代  帯締め 税込価格¥28,000


塚田道代  帯締め 税込価格¥28,000


塚田道代  帯締め 税込価格¥23,000



飛鳥時代に中国・朝鮮から伝わり貴族や武士の服飾に使われてきた組紐は、そののち日本独特の工芸品として発展し、現在は伸縮性に富み、型崩れをしないことから帯締めや羽織紐に多く用いられています。
組紐歴20年の塚田さんの組紐はもちろん手組み。数十本の糸を様々な組み方で織る手法です。糸の色彩、糸の太細でそのリズムを変え、多彩な表情をみせる帯締め紐は、一本を仕上げるのにも、大変な熟練技術と集中力が要求されます。また組む人の感性によって色合いや硬さ、柄の出し方なども変わり、同じものが二つとありません。長い歴史の生んだ貴重な伝統工芸品、組紐の魅力をどうぞご堪能下さい。


細井真理子・塚田道代・須貝清和

★ジュエリーとくみひもの3人展バックナンバー★
2007年9月


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。
 


2008年10月08日(Wed)▲ページの先頭へ
増山洋子先生とパインの会 第16回押し花作品展オープン!
増山洋子とパインの会(稲垣ゆう子,老川美佐子,北爪よし子,小林智子,柴田弓子,高橋マサ子,鶴岡和子,戸田陽子,藤原雅予,古岡杏悠,松井美千代,安田 恵,渡井久代)の押し花作品による「第16回 増山洋子先生とパインの会押し花作品展」

パインの会押し花作品展
 
美しい自然の色が残せる押し花は
自然の恵みをそのままに
より美しく華やかに花に第二の命を与えます
見る人に憧れと安らぎをもたらすのが押し花作品
だから自然が好き 押し花が好き


 第16回パインの会押花作品展が、ぎゃらりー小川にて2008年10月6日から11日まで開かれます。ヴォーグ学園、増山洋子教室から出発した仲間たちのグループ展です。
 増山先生は千葉市在住。1986年より押し花を始め、現在、ふしぎな花倶楽部指導理事。果物や野菜、蘭など難しい押し花を得意としている著名な押し花作家です。
 この機会に先生と13人の出展者の作品をご紹介したいと思います。

 近年の押し花技術は、目をみはるほど素晴らしい進歩を遂げています。乾燥技術や保存技術はもちろん、押し花を作るための道具についても格段に進みました。化学の力を応用し、押し花の持つ美しさを追求した作品は、様々な表現方法を可能とし、絵画の域にも達する芸術性の高いものとなっています。それらの作品から、移ろう季節の息吹をお感じ頂ければ幸いです。

 尚、第16回 増山洋子先生とパインの会押し花作品展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。


【 作  品 】


パインの会 稲垣ゆう子 押し花作品
40×31cm


パインの会 老川美佐子 押し花作品
40×31cm


パインの会 北爪よし子 押し花作品
26.5×21.5cm


パインの会 小林智子 押し花作品
31×40cm


パインの会 柴田弓子 押し花作品
40×31cm


パインの会 高橋マサ子 押し花作品
40×31cm


パインの会 鶴岡和子 押し花作品
40×31cm


パインの会 戸田陽子 押し花作品
40×31cm


パインの会 藤原雅予 押し花作品
40×31cm


パインの会 古岡杏悠 押し花作品
31×40cm


パインの会 松井美千代 押し花作品
31×40cm


パインの会 安田 恵 押し花作品
40×31cm


パインの会 渡井久代 押し花作品
40×31cm


増山洋子 押し花作品
40×31cm

★増山洋子先生とパインの会押し花作品展★
バックナンバー 第15回(2007年10月)



お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2008年10月
     
 

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:42
昨日:507
累計:949,507