クラフト小川 ぎゃらりー小川  店主 小川純一郎 “モノもの” 応援帳 - 2008/06

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




2008年06月25日(Wed)▲ページの先頭へ
網谷貞子〜現代染色作家列伝/型絵染
染色家 網谷貞子の型絵染による「網谷貞子型絵染展」

■□■ 網谷貞子(あみたに さだこ)■□■

 染色家 網谷貞子さんの「網谷貞子型絵染展〜初夏のひとときを〜」が、ぎゃらりー小川にて2008年6月23日から28日まで開かれています。
 この機会に網谷貞子さんの人と作品をご紹介したいと思います。
 型絵染(かたえぞめ)とは、文様を彫った型紙(かたがみ)を用いて布や紙に防染糊(ぼうせんのり)を置き、刷毛(はけ)で引染(ひきぞ)めするか、染液に浸染(しんぜん)した後、水洗いして糊を落とし文様を染め出す型染(かたぞめ)の一つ。型彫りによって生まれる力強いシャープな線が、糊の粘度のある軟らかい性質と相まって、切れ味の良さと暖かな味わいの両方をそなえた表現を可能にしていることが型絵染めの大きな魅力です。
 なかでも網谷さんの作品は身辺の自然や風俗をテーマに、意匠力に富んだ絵画性豊かな型絵染であることが特徴です。また『ニューヨーク』と命名された作品に代表されるように、西洋的なモチーフを日本の染物という技法で表現した作品群も、リズム感にあふれ品格のある作行となっています。
 また近年は、トンパ文字(中国雲南省で今でも使われている象形文字)や、鳥(ガルーダ)と人物などラオスの代表的な文様をアレンジしてモチーフに使用するなど、その表現はますますひろがりをみせています。
 
 網谷貞子型絵染展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



網谷貞子 藍染Tシャツ 税込価格¥10,000
インド藍/綿


網谷貞子 藍染Tシャツ 税込価格¥7,000
インド藍/綿


網谷貞子 携帯エコバッグ 税込価格¥8,000
縦40×横35cm/藍染/麻
※携帯エコバッグは付属のポーチに収納出来ます。


網谷貞子 携帯エコバッグ 税込価格¥7,000
縦35×横35cm/藍染/麻


網谷貞子 携帯エコバッグ 税込価格¥8,000
縦40×横35cm/柿渋染/麻


網谷貞子 携帯エコバッグ 税込価格¥7,000
縦35×横35cm/柿渋染/麻


網谷貞子 手提げバッグ 税込価格¥6,000
縦28×横30cm/麻
※「ふくろう」は不苦労と云う表し方で「幸せを呼ぶ鳥」として大変人気のある鳥です。学問の神様とも、夜寝ないので泥棒よけにもなるなどと云われています。


網谷貞子 スリッパ 税込価格¥2,800
藍染


網谷貞子 スリッパ 税込価格¥2,800
墨染


網谷貞子 和紙工芸「ネコの小物入れ」小 税込価格¥4,500
縦17.5×横11×高15cm


網谷貞子 和紙工芸マガジンラック「ニューヨーク」小
税込価格¥8,000
縦32.5×横18.5×高25cm/柿渋染


参考作品:着物地「ニューヨーク」部分

<和紙工芸の作品について>
二十年前、和紙工芸「京雅」と出会いました。着物も染める機会が少なくなり、染めを生かして使える小物を作ろうと始めました。ダンボール紙で立体を作り、和紙を三回下張りします。この間は単純作業で繰り返しですから、私にとっては気分転換できました。今回は型染め和紙を張り込んだ小物を展示いたします。
網谷貞子


網谷貞子 ネックレス 税込価格¥3,000
ブローチ 税込価格¥3,500
奈良杉の枠に麻生地




お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。


2008年06月18日(Wed)▲ページの先頭へ
尾瀬 刺繍展 2008 開幕!
鈴木則子、高嶋愛子、中條美智代の刺繍による「尾瀬 刺繍展 2008」

■□■ 尾瀬 刺繍展 2008 ■□■

 尾瀬 刺繍展 ─2008─ がぎゃらりー小川にて2008年6月16日から21日まで開かれています。「尾瀬」をテーマに、風景や草花などの豊かな自然をモティーフとした欧風刺繍の作品展です。

 国民的愛唱歌「夏の思い出」で全国に名を知られる“尾瀬”は平成19年に“29番目の国立公園”として指定されたばかり。我が国で最も新しい国立公園です。
 山歩きを始めて間もない人にとって、ミズバショウの尾瀬は憧れの地。三平下まで下ると、尾瀬沼の向こうに見える燧ケ岳、沼の向こうの燧ケ岳を背景にした水際のミズバショウ・・・そんな風景を写実的に再現した作品をみれば、ここで思い出の写真を撮ったなと思い当たる景色がきっと見つかるはず。

 尾瀬の四季を通じた雄大な自然に心癒やされ活力を与えられながら、二年に一度の作品発表を続ける出品者の鈴木則子さん、高嶋愛子さん、中條美智代さんは、板垣文恵先生の教室に学ぶ同じ仲間。皆さん二十代から刺繍の勉強を始め、講師の資格もお持ちだけに、図案からしてオリジナル。それぞれに風景を刺繍でどのように表現するかを模索しながら、作風は三者三様。すべて一針一針の手仕事です。

 こうした作品を静かに眺めれば、自由で清々しいピュアな気持ちを取り戻せそう。“遥かな尾瀬”の魅力にふれ、“夏の思い出”がよみがえる、心のリフレッシュに最適の会場となりました。
 
 尚、尾瀬 刺繍展 2008 の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



鈴木則子 フランス刺繍 14.5×21cm


鈴木則子 フレミッシュ織に刺繍 30×38cm


鈴木則子 フレミッシュ織に刺繍 23×17.5cm


高嶋愛子 創作刺繍 17×20cm


高嶋愛子 創作刺繍 19×29.5cm


高嶋愛子 創作刺繍 18×30.5cm


中條美智代 キャンバスに区限刺し 56×82cm


中條美智代 キャンバスに区限刺し 14.5×21cm



中條美智代  高嶋愛子  鈴木則子


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年06月14日(Sat)▲ページの先頭へ
季節のしつらい「雨の日も楽しく」
季節のしつらいを大切に考えるクラフト小川ならではのユニークな水無月(みなづき)特集

■□■ 季節のしつらい【雨の日も楽しく】■□■

 季節のしつらいを大切に考えるクラフト小川ならではの季節感あふれる品々が、ショップに並びました。
 このあいだの日曜日、会期最終日にしてやっと上野の国立博物館に薬師寺展を見に行くことが出来ました。その折に上野公園で見かけたのが立葵(タチアオイ)。庭先などによく咲いている園芸植物ですが、梅雨の代表的な植物だと・・・私は思います。
 毎年、入梅宣言ごろに下から花が咲き始め、ちょうど梅雨明け宣言の頃、茎のてっぺんの花が咲き花期が終わる。これもまた、この季節の醍醐味として楽しみたいものです。
 今回は季節のしつらいを大切に考える当店ならではのユニークな水無月(みなづき)特集。ちりめん細工・ガラス細工・和紙張り子など梅雨の季節に相応しい手仕事の逸品がそろいました。季節感あふれる品々をあしらい、我が家流にアレンジしてみてはいかがでしょう。
 きっと素敵な暮らしが楽しめるはずです。



京都ちりめん細工 細幅ミニタペストリー 税込価格¥1,680
長さ46cm


京都ちりめん細工 カエルのガーランド 税込価格¥2,100
長さ84cm


京都ちりめん細工 季節模様 税込価格¥1,575
W15×D8×H10cm


京都ちりめん細工 塗り台付きミニタペストリー 
税込価格
¥2,205
塗り台 W10.5×D7×H22cm
ミニタペストリー 17.5×9.5cm
※ミニタペストリーの単売も可(¥1,575)


京都ちりめん細工 睡蓮のうえのカエル 税込価格¥1,260
W12×D12×H6cm


和紙張り子工房 ラウンドスクエアー 招福歓盃「招きカエル」 
税込価格¥1,575
径6.8×高さ4.3cm


ガラス細工 金箔カエル 税込価格¥630
高さ2.8cm


ガラス細工 カエルの王様 税込価格¥945
高さ5.8cm


ガラス細工 かんガエル 税込価格¥945
高さ2.8cm


ガラス細工 雨やどり 税込価格¥630
高さ5.1cm


京都ちりめん細工 カタツムリと昼寝のカエル 
税込価格
¥1,240
高さ6cm


京都ちりめん細工 睡蓮池の金魚 税込価格¥1,260
W12×D12×H5.5cm



お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年06月10日(Tue)▲ページの先頭へ
原かおり〜現代陶芸家列伝/vol.3
アトリエうふ 原かおりの猫展「いやはやニャンとも、、、」

■□■ 原かおり(はら かおり)■□■

 2008年6月9日から14日まで原かおりの猫展「いやはやニャンとも、、、」が当ぎゃらりー小川にて開催されます。原かおりさんは『港区赤坂のら猫通り』『人がいて街になる』『鳥の詩』『風にふかれて』『ふわり』『ぽっかり』など毎回、斬新な切り口で現代陶芸の可能性を見せてくれる期待の作家。
 まずは今回の個展に際して御本人から寄せられたメッセージをご紹介します。

昨年に引き続き今回も「猫」をテーマに総勢63匹を連れてここ赤坂「ぎゃらりー小川」にやって参りました。

残念ながら私は猫を飼っていません。
その私が猫を作るのですから、大変です。
猫の本を読む、写真を見る、野良猫を求めて公園をさまよう。

野良猫に餌をやることは、たびたび問題になりますが、見知らぬ野良猫が自分の持って来た餌を食べてくれる、そしてまた餌をもらえるのではないかとやってくる。
自分を必要としてくれるものがいる、自分を待っているものがある。
そんなことが嬉しくて、餌をやりたいと思う自分がいます。

親猫は子猫を外敵から守るために必死になります。
子猫も小さいながら、親猫を守ろうと小さな身体をはろうとします。
動物は親離れ、子離れを当たり前の様に行っている様に見えます。

いつからそんな当たり前の関係や感情が人間には難しくなってしまったのでしょう。

厳しい野良猫達の生活の中で、動物本来の生き方をしている彼らを羨ましく思いながら、今年も猫を楽しく作らさせていただきました。
                     2008年6月 原かおり

 
 尚、原かおりの猫展「いやはやニャンとも、、、」の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品a
税込価格¥23,100 高さ30cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品b
税込価格¥23,100 高さ24cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品c
税込価格¥21,000 23×25×高さ8cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品d
税込価格¥21,000 高さ25.5cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品e
税込価格¥21,000 18×25×高さ12cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品f
税込価格¥21,000 高さ23cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品g
税込価格¥42,000 高さ25cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品h
税込価格¥21,000 36×10×高さ12cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品i
税込価格¥23,100 32×10×高さ26cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品j
税込価格¥23,100 高さ24cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品k
税込価格¥42,000 34×27×高さ17cm


原かおり 「いやはやニャンとも、、、」出品作品l
税込価格¥23,100 高さ23cm



原かおり プロフィール

1959 東京生まれ
1980 大学在学中より陶芸に親しむ 吉祥寺「アトリエ飛行船」に通う
1982 東京理科大学 数学科卒業
1987 築窯 「りんご窯」と名付ける
1991 〜 1993 西武、ロフトにて猫の作品を販売
1993.9 〜 1995.3 イタリアに遊学 フィレンツェにてテラコッタと絵付けを学ぶ
1988 〜 現在 個展、グループ展、企画展を中心に活動
  「あーとらんだむ」(吉祥寺)
  「カフェギャラリーるなん」(自由が丘)
  「ギャラリーハウス マヤ」(青山)
  「ギャラリー小川」(赤坂)
  「ポンデザールのアーティストたち」(所沢)
  「ギャルリ カプリス」(恵比寿)
  「せ・ら〜る」(原宿)
  「世界観ギャラリー」(お茶の水)
  「ギャラリー銀舎」(お茶の水)
  「美楽居」(飯能)
  「埼玉伝統工芸会館」(小川町)
  「DOMギャラリー」(町田)
  「遊び心」(伊豆高原)
  「しのぎ」(玉川村)
  「モノムーン」(川越)
  「ギャラリーううふ」(鶴ヶ島)
  「木の香」(小川町)
  「モノギャラリー」(吉祥寺)
   〜開催順に記載〜
  高島屋、丸善、伊勢丹、銀座プランタン、丸広の「猫展」に出品
ふくろう創作クラブにて「ふくろう展」に参加
サイボクハムにて「トンでーるギャラリー展」にブタグッズで参加
1999 岐阜県土岐市主催「ユーモア陶彫展」に入選
2001 「Atelierうふ」を所沢に開設

★原かおり〜現代陶芸家列伝★
バックナンバー 2007年6月 / 2006年6月

 

お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2008年6月
         

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:204
昨日:219
累計:910,825