クラフト小川 ぎゃらりー小川  店主 小川純一郎 “モノもの” 応援帳 - 2008/05

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




2008年05月30日(Fri)▲ページの先頭へ
光・彩・輝vol.2 ─3人展─開幕!
古江佳子,山内静代,戸井田聡子によるガラスレリーフ,フラワーアレンジメント,シルバーワークの「光・彩・輝 vol.2」3人展

■□■ 光・彩・輝 vol.2 ■□■

 「光・彩・輝」と題された古江佳子さん、山内静代さん、戸井田聡子さんによる手作り3人展が、ぎゃらりー小川にて2008年5月29日から31日まで開かれています。ガラスレリーフ・フラワーアレンジメント・シルバーワーク、多彩で多様な手仕事の粋が満喫出来るグループ展です。
 この機会にメンバーの人と作品をご紹介したいと思います。 
 尚、光・彩・輝 vol.2の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。

【光】 古江佳子(ガラスレリーフ)


古江佳子 フラワーベース 税込価格¥10,000
径10.3×高さ10.2cm


古江佳子 ワイングラス 税込価格¥5,000
径7.5×高さ17cm


古江佳子 茶碗 税込価格¥15,000
径12.7×高さ6cm


古江佳子 片口 税込価格¥18,000
12×11.3×高さ7.2cm


古江佳子 大皿 税込価格¥50,000
径30×高さ6.5cm

古江佳子さんの仕事はガラスレリーフ。サンドブラストというガラス技法を使っての作品です。もともとはアクセサリーデザインを手掛けていらした方だけに、繊細な神経が細部にまで行き届いた仕事ぶりです。絵柄は野の花など自然をモチーフにしたものが多いとのこと。
サンドブラストとは色被せガラスの表面に圧縮空気と一緒に金剛砂を吹き付けて彫刻し、レリーフ(浮彫り)を施す加飾技法。吹き付ける砂の粒子の大小、空気圧の強弱によって多様な表現が可能です。この作業を何段階にも渡って繰り返すことによって複雑なテクスチャーをもった工芸品が完成します。『酸洗い加工』によって汚れが付着することもありませんので、日常に使えるガラス器として日々楽しめる上質な工芸品です。


【彩】 山内静代(フラワーアレンジメント)


山内静代 バラとリーフのアレンジ(ベース付き) 
税込価格¥5,500  高さ41cm


山内静代 白いパールのフレーム 
税込価格¥6,000  縦25.5×横21cm
白いパールのフレームのなかに可愛いお花の世界。壁に掛けたり、棚に置いたりパッとお部屋が明るくなります。


山内静代 白いソフトピラミッドアジサイとバラのケーキ 
税込価格¥6,000  9×25×高さ7cm
真紅の薔薇を白いソフトピラミッドと紫陽花のドライフラワーで包んでみました。苺のショートケーキみたいですね。


山内静代 アレンジ 
税込価格¥6,000  高さ24cm
ブリザーブドフラワーを中心にドライフラワー・アートフラワーを組み合わせた可愛いアレンジです。


山内静代 アレンジ 
税込価格¥5,500  高さ15cm
ブリザーブドフラワーを中心にドライフラワー・アートフラワーを組み合わせた可愛いアレンジです。

山内静代さんはご主人が駐在員としてドイツにいらした折、デュッセルドルフでドイツ人のお花の先生に出会いました。日本の華道と違い、テーブルセッティングの中心として360度から見られるお花、インテリアとの調和から発想されたお花です。ここで習得した技術を出発点として、山内さんはフラワーコーディネーターとして独立するに到りました。
アレンジするのは生花・ドライフラワー・アートフラワー・プリザーブドフラワー(本物の花の水分を保存料と交換させ見た目が変わらないように加工されたお花です)など正に様々。花器や小物にも十全の気配りをしています。
現在は横浜市で【with flowers.】という教室を主宰。明るい陽光と爽やかな空気を運んでくれるフラワーアレンジメントをどうぞお楽しみ下さい。

【輝】 戸井田聡子(シルバーワーク)


戸井田聡子 ペンダント 税込価格¥21,000
チェーン60cm


戸井田聡子 ペンダント 税込価格¥9,000
チェーン45cm


戸井田聡子 チョーカー 税込価格¥14,000


戸井田聡子 リング 税込価格¥6,000


戸井田聡子 ペンダント 税込価格¥6,000
チェーン45cm

戸井田聡子さんはご主人が駐在していたデュッセルドルフでドイツ人のマイスターから彫金を学びました。帰国した折、ちょうど日本ではアートクレイシルバーという新発想の貴金属材料が出始めました。粘土細工の感覚で思いのままに形を作り、高温で焼成すると作品がそのまま純銀のアクセサリーとなって完成します。2006年にはGAOデザインコンテスト ネックレス部門に入賞。現在は地金も併用し、珊瑚・ガラス・パール・天然石など異素材とも組み合わせながら日常の手軽なシルバーアクセサリーの制作に打ち込んでいます。世界でたったひとつ、どこを探しても同じものは無い、そんなも楽しいオリジナルジュエリーの世界をお楽しみ下さい。


戸井田聡子 古江佳子 山内静代


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年05月22日(Thu)▲ページの先頭へ
手作り5人展─2008年初夏─開幕!
阿部代里子,小川えい子,山之井美穂,鈴木友佳子,奏,小島厚子による「手作り5人展」

■□■ 手作り5人展─2008年初夏─■□■

 創作レザーアクセサリー作家 小島厚子さんを中心とした手作り5人展が、ぎゃらりー小川にて2008年5月19日から24日まで開かれています。
 この機会にメンバーの人と作品をご紹介したいと思います。 
 尚、手作り5人展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。

『喜々快々屋』 阿部代里子


『喜々快々屋』阿部代里子 扶志(ふし) 税込価格¥6,800
話しかけてくれる人の話しをよく聞き、力になってくれる。


『喜々快々屋』阿部代里子 籠目(かごめ) 
税込価格¥20,000
大きな籠を頭からすっぽりかぶり、目だけギョロリと出して辺りを見つめている。茂みなどにいて時々、ガサガサと音をたてたり、白い煙りなどを出しているという。


『喜々快々屋』阿部代里子 手足伸坊(しゅそくしんぼう) 
税込価格¥18,000
急に手足をどこまでものばして人を驚かせたりするのが好き。

阿部さんは空想動物専門のペットショップ『喜々快々屋』の家主。見えない世界に棲む精霊と妖怪を創造しています。作品一点一点に添えられたキャプションには、その子の名前とプロフィールが書いてあって、それがまたユニーク。新しいお友達に出会う感覚で見て頂きたい作品です。


ガラスペイントアート/小川えい子


小川えい子 ガラスペイントアート時計 税込価格¥12,000
28×28cm


小川えい子 ガラスペイントアート花器 税込価格¥3,600
10×6×高さ10.5cm


小川えい子 ガラスペイントアート花器 税込価格¥10,500
径14×高さ11cm

小川さんはインテリアデザインの仕事を経たあと、オーストラリアでグラスペイントの技法を習得し、活動を始めました。この技法、下描きせずに直接、ガラスにペイントを施します。それだけにパターン化されない表情の面白さ、表現の自在さが活かされるとのこと。描くことがいかにも楽しげな小川さんの器は、使い手に微笑をいっぱいプレゼントしてくれそうです。


帽子/山之井美穂・鈴木友佳子


L'ART DE CHAPEAUX 山之井美穂 クロッシェ 
税込価格¥13,650
綿100% オレンジ


L'ART DE CHAPEAUX 山之井美穂 ヘッドドレス「オペラ」 
税込価格¥24,150


Atelier Ten 鈴木友佳子 中折れ帽 税込価格¥12,500


Atelier Ten 鈴木友佳子 ハンチング 税込価格¥8,000

山之井美穂さんと鈴木友佳子さんは同じ帽子製造会社で帽子制作の基礎を習得した同級生。爾来十年、それぞれにアトリエを構える帽子アーティストです。天然素材にこだわる山之井さん、シンプルでユニセックスに被れる帽子の鈴木さん。共に、ぽんと置いてあっても、被ってみても品の良さを醸しだす、たたずまいのいい帽子です。山ノ井さんのウェブサイトもどうぞご覧下さい。


木製アクセサリー&小物/奏


ボックスタイプ用タバコケース 税込価格¥14,800
材質=花梨


携帯灰皿 税込価格¥27,800
材質=パープルハート


ペンダント 税込価格¥3,800

木彫家”和 wa”、ガラス作家”杜 mori”、デザイナー”暁 aki”の3人のコラボレーションによる作品です。ユニット名は『奏』。3人の奏でるハーモニーはのタバコケース(実用新案登録済)や携帯灰皿、アクセサリーなどこだわりの逸品として結実しています。


皮革アクセサリー/小島厚子


創作レザーアクセサリーWELL 小島厚子 ペンダント 
税込価格¥21,000
材質=皮革


創作レザーアクセサリーWELL 小島厚子 ペンダント 
税込価格¥8,190
材質=皮革


創作レザーアクセサリーWELL 小島厚子 ペンダント 
税込価格¥24,150
材質=皮革

小島さんの作品の特徴は彫金の経験から皮革を金属のように仕上げていること。お母様の趣味のレザークラフト、お父様の趣味の油絵、自らの彫金の技術を合体させて独自の作風を確立した創作レザーアートです。デザインはユニークで面白く、そして楽しい。実用的には超軽量。長く使うほどに独特の艶が出てきます。詳しくは小島さんのウェブサイトをご覧下さい。


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年05月14日(Wed)▲ページの先頭へ
山下春径〜現代染色作家列伝/付立染
付立染家元 山下春径の付立染による「付立染家元 山下春径作品展」

■□■ 山下春径(やました しゅんけい)■□■

 付立染家元 山下春径さんの「付立染 山下春径作品展〜五月晴にさそわれて〜」が、ぎゃらりー小川にて2008年5月12日から17日まで開かれています。
 この機会に山下春径さんの人と作品をご紹介したいと思います。
 付立(つけたて)とは、もともと歌舞伎の世界で急場の代役のことを言うとか・・・。確かに絵画のジャンルとして『付立画』と呼ばれるものはあるのですが、『付立染』とは耳慣れぬ言葉とお思いの方も多いはず。それもそのはず、付立染家元と自ら名乗られるとおり、山下春径さんが今から三十年も前に創始された染物が正に『付立染』なのです。
 付立(つけたて)染とは友禅染や紅型染と違い、無のところに下絵も線も描かず写しもせずに、一気に一筆にて直接、布地に絵を描き上げる技法です。それ故に同じ作品は絶対に出来ず、どれも一点物としての価値あるものばかり。
 それでも作品は呉服屋さんで見慣れた値段とは違い、驚くほどにお手頃です。もともとご実家の稼業が京都西陣の染物屋さん。それあって可能な産直価格でもありますが、やはり根本は大勢の方にご愛好下さることを願ってのこと。ご両親やご姉兄一同が染物や着物の仕立てに携わり、また日常から普段着として着物をお召しになっていたため、幼い頃からごく自然に和装の世界に親しんでこられた方ならではの着物に対する愛着がなせる業なのでしょう。
 着物は素材・色・模様など、日本人の愛して止まない四季の風情を写した優美な世界。自ずと牡丹や菊などの花模様で彩られようになります。ですが山下さんはそれだけでなく季節の野山を思い起こさせるような素朴で可憐な花々を咲かせます。そしてそれを裏打ちするのが、多数のスケッチ。まずは植物の姿をよく観察し、次に丹念に一つ花、一つの葉を正確に写しとっていく。こうして描きためたスケッチブックが優に何十冊とあるとのこと。美しい染め物を生み出すにはこうした地道な努力が必要なのですね。
 付立染 山下春径作品展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



山下春径 付立染帯「卯の花」 税込価格¥58,000
お仕立上がり


山下春径 付立染帯「泰山木」 税込価格¥75,000
お仕立上がり


山下春径 付立染帯「らん」 税込価格¥62,000
お仕立上がり


山下春径 付立染帯「菊と梅」 税込価格¥70,000
お仕立上がり


山下春径 付立染帯「垣根ぼたん」 税込価格¥60,000
お仕立上がり


山下春径 付立染帯「牡丹」 税込価格¥63,000
お仕立上がり


山下春径 付立染着物「しだれ櫻」 税込価格¥220,000
お仕立上がり

京都西陣 袋帯 税込価格¥450,000


山下春径 付立染着物「四君子」 税込¥200,000御約定済

京都西陣 袋帯 税込価格¥300,000


山下春径 付立染着物「鯉」 税込価格¥150,000
お仕立上がり

京都西陣 袋帯 税込価格¥380,000


山下春径 付立染着物「薔薇」 税込価格¥130,000
お仕立上がり

京都西陣 袋帯 税込価格¥380,000




お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2008年5月
       

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:206
昨日:219
累計:910,827