クラフト小川 ぎゃらりー小川  店主 小川純一郎 “モノもの” 応援帳 - 2008/03

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




2008年03月25日(Tue)▲ページの先頭へ
野口和子〜現代染織作家列伝vol.2
茨城県取手市の染織作家 野口和子の「野口和子展 染める桜・織る桜U」

■□■ 野口和子(のぐち かずこ)■□■

 茨城県取手市で、桜染を中心とした染織活動を続ける野口和子さんの作品展「染める桜・織る桜U」が、ぎゃらりー小川にて2008年3月24日から29日まで開かれています。
 
 染織作家としてご活躍中の野口さんは6年前まで小学校の校長先生でした。それが36年間の教員生活にピリオドを打ったことで、子供たちに教えるために学び始めた染織の世界へと歩みを進めることになりました。藍染から手織り、古布を活かした裂織りなど、様々な染織を続けるなかで、いま野口さんがこだわっているのが『さくら染』です。
 「春になると旅立ちと出会いを毎年学校で迎え、背景には必ず桜が咲いていました。人以上に想い入れがあり、桜色にこだわっています。」とのこと。
 桜といっても、山桜や八重桜、紅しだれ桜など品種は色々。草木染めにした場合、それぞれが固有の色を持ち、微妙な違いがあります。また開花前の小枝や初夏の緑葉、秋の紅葉と、一年を通して染めることが出来る桜は、季節ごとに様々な色に染め分けることが出来るそうです。おもに利用するのは6〜7月の緑葉と10〜11月の紅葉。ピンク系の色が得られる緑葉は公園緑地課などにお願いし、伐採したものをもらう。オレンジ系のきれいな色が出る紅葉は公園で好きなだけ集める。それらを冷凍保存しておくことで、一年中桜染が楽しめるのだとか。
 そこにあること自体が自然そのものといった、自然な風合が野口さんの持ち味。さくら染のやさしい表情と風合に、ぜひ会いに来てください。

 尚、野口和子さんの記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。




野口和子 桜染バッグ 税込価格¥31,500
32(L)×13(W)×35(H)cm


野口和子 桜染バッグ/裂織 税込価格 ¥21,000
36(L)×16(W)×33(H)cm



野口和子 桜・薔薇の葉染バッグ(矢羽根)/裂織 
税込価格¥21,000
35(L)×10(W)×28(H)cm



野口和子 桜染バッグ 税込価格¥21,000
36(L)×15(W)×30(H)cm



野口和子 桜染バッグ/裂織 税込価格¥15,750
30(L)×10(W)×30(H)cm


野口和子 桜・薔薇の葉染バッグ 税込価格¥15,750
30(L)×8(W)×25(H)cm


野口和子 桜染シルクストール 税込価格¥5,250
120cm



野口和子 裂織バッグ 税込価格¥31,500
32(L)×12(W)×33(H)5cm


野口和子 玉葱染裂織バッグ(綾織) 税込価格¥10,500
30(L)×10(W)×30(H)cm


野口和子 柿渋染バッグ(鯉のぼりを生地に使用) 
税込価格¥24,150
30(L)×13(W)×35(H)cm




野口和子プロフィール
1946年生まれ。茨城県出身。『一人ひとりに限りなく寄り添って』をモットーに、千葉県内の小学校で国語教師、教頭、校長を歴任。36年間、子供たちの教育に携わる。校長時代に総合学習の一環として草木染の体験学習を導入。2003年3月に退職後、草木染作家として本格的に活動を開始。桜、藍、赤蘇、梨など、さまざまな植物を利用しているが『これまでに出会った子供たち一人ひとりの顔が思い浮かんでくるんです』と、とくに桜への思い入れが深い。このほか、泥大島の古布などを利用した裂織にも力を注いでいる。現在は作品制作の傍ら、近隣の公民館での草木染指導やボランティア活動にも積極的に参加。平成19年、かすりの野良着を素材にした「こたつがけ─BLUE&WHITE JAPAN」で第4回全国裂織展・伝統継承部門で佳作賞を受賞。「工房 和」主宰。全国裂織協会理事。〜マリア書房刊 創作市場 第35号─草木染に遊ぶ─より引用


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年03月19日(Wed)▲ページの先頭へ
清水弥生〜現代陶芸家列伝/備前焼
岡山県長船町 備前焼 清水弥生の「清水弥生 備前焼作陶展」

■□■ 清水弥生(しみず やよい)■□■

 釉薬を用いない備前焼・・・。心をなごます備前焼・・・。岡山県長船町で作陶する備前の女流陶芸家 清水弥生さんの備前焼の個展が、ぎゃらりー小川にて2008年3月17日から22日まで開かれています。平成元年の第一回展に始まり、隔年の開催。今回で第十回展を迎えます。今回の個展では平成18年の初窯と、昨年の窯で出た作品が並びました。

 窯の中で炎を浴び、様々な色合いに変化する備前焼は、窯詰め・焼成がより大きな意味をもつ焼き物です。作家はそれぞれ理想の備前焼を求めて、窯づくりに意を注ぎますが、清水さんは一昨年、長さ16メートルに及ぶ半地下式の穴窯を新たに築窯。師走に初窯を焚きました。その折に窯出しされた器には左馬(馬の字を反転させた文字)が印され、今回の個展にも出品されています。以前の窯に比較すると容積で2.5倍という大窯だけに窯詰めだけで一週間を掛けるとのこと。そして窯焚き。赤松の薪がはぜ、火が踊り、灰が舞う・・・。1,280度もの高温で2週間も焚き続けることにより、渾身の想いを込めて形づくった土が目覚め、思いがけない風合いをもって生まれ変わります。

 大窯の良さは火がゆっくりと廻ることで、安定した焼き上がりを得られること。酸化焼成による明るい色合いと美しい土肌が生まれます。でもそれを目にするまでは、さらに一週間の冷ましを待たなければなりません。そしてついに年に一度きりの窯出しです。炎と灰の洗礼を受けた備前の器は『胡麻 ごま』『棧切り さんぎり』『緋襷(火襷) ひだすき』『牡丹餅 ぼたもち』と呼ばれる焼成の軌跡を窯変として残しています。

 日本の六古窯のなかでも最も古く、約一千年の歴史を持つ備前焼は、日本文化の粋ともいえる「侘び」「寂び」の美しさを端的に表現する窯変の芸術ですが、室町時代後期、茶人の目に留まるまでは素朴な日常品でもありました。温故知新。清水さんはその原点に立ち返り「普段に使える」備前焼をこつこつと作り続けています。おおらかな作風と共に、その足が地に着いた誠実な姿勢が、陶芸家 清水弥生の何よりの美点なのではないでしょうか。

 尚、清水弥生さんの記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



清水弥生 備前焼三つ足フリーカップ 税込価格¥4,700
径8.3×高さ9.2cm
※NHK きょうの料理にも掲載された人気の器です。


清水弥生 備前焼コーヒー碗皿 税込価格 1客につき¥5,200
カップ:径7.7×高さ9.2cm
ソーサー:17.3×14cm
※『胡麻 ごま』と『緋襷 ひだすき』を対照的に並べました。


清水弥生 備前焼一輪差 税込価格¥15,000
径11×高さ19.8cm
※『棧切り さんぎり』と呼ばれる、還元焼成によって黒味を帯びた灰青色となった景色が興趣深い一輪差です。


清水弥生 備前焼ぼこぐち楕円鉢 税込価格¥8,400
26.5×14.2×高さ3.5cm


清水弥生 備前焼ポット 税込価格¥12,600
18×12.5×高さ14.5cm


清水弥生 備前焼ドリッパー 税込価格¥6,300
15×11×高さ9.5cm


清水弥生 備前焼長皿 税込価格¥8,500
28×10.5×高さ2.5cm


清水弥生 備前焼ぼこぐち鉢 税込価格¥16,000
25×24×高さ5cm


清水弥生 備前焼丸皿 税込価格 1枚につき¥2,500
径17×高さ1.5cm


清水弥生 備前焼籠目手付花入 税込価格¥26,000
14×14×高さ25cm


清水弥生 備前焼籠目手付花入 税込価格¥36,000
18×12.5×高さ14.5cm


清水弥生 略歴
昭和28年 東京に生まれる
昭和48年 武蔵野美術短期大学デザイン科卒業
武蔵野美術大学窯工研究部で備前を訪れた際、その土の素朴さに惹かれ、在学中より度々備前の作家を訪れ勉強する。当時、森 陶岳先生のもとで修業中の作家・清水政幸との結婚を機に陶芸の道に進む。
昭和50年 備前長船の土師に、半地下式穴窯を夫・政幸が築窯
昭和60年 小型の穴窯を夫の指導で築窯
平成 元年 第一回 備前焼き食器展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川
平成 4年 第二回 備前の花入れとうつわ展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川 以後隔年毎に開催
平成18年 第九回 備前作陶展開催 於 東京赤坂・ぎゃらりー小川 師走 初窯


お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年03月14日(Fri)▲ページの先頭へ
世良恵子〜現代七宝作家列伝/さくら特集
七宝作家 世良恵子の桜をモチーフにした七宝焼アクセサリー

■□■ 世良恵子(せら けいこ)■□■

 七宝作家 世良恵子さんから、桜をモチーフにした七宝焼アクセサリー(ブローチ・ピンブローチ・ペンダント)が届きました。
 花に明け花にくれる季節も間近ですね。会社、官庁、学校では新しい年度が始まるのも、もうすぐ。何とはなしに心が浮き浮きとしてくる楽しいシーズンです。
 こんな時期、春を称え、春を惜しむ心はまたひとしお。桜なしでは日本の春という気がしません。桜をこよなく愛する日本人ならではに今回、世良さんの作品の主題は『花に寄せる』。のどかな春の光のなか、花を愛でながら陽気に楽しむ宴には、七宝の輝くイメージがいちばん相応しく思います。花の盛りを称える逸品をご紹介します。
 それでは世良恵子さんの七宝作品の数々をどうぞご堪能下さい。


世良恵子 ブローチ/歌舞伎猫 桜丸 税込価格¥6,300
縦57×横41mm
※有線七宝による密度の濃い仕事を施した精緻な作品です。
留め金具は普通のブローチ仕様です。


世良恵子 ブローチ/桜の裃の黒猫 税込価格¥6,300
縦50×横40mm
※有線七宝による密度の濃い仕事を施した精緻な作品です。
留め金具は普通のブローチ仕様です。


世良恵子 ブローチ/眠り猫に桜 税込価格¥12,600
縦35×横45mm
※有線七宝による密度の濃い仕事を施した精緻な作品です。
留め金具は普通のブローチ仕様です。


世良恵子 ブローチ/はねうさぎに桜 税込価格¥12,600
縦31×横53mm
※有線七宝による密度の濃い仕事を施した精緻な作品です。
留め金具は普通のブローチ仕様です。


世良恵子 ピンブローチ/桜 税込価格¥3,150
縦27×横35mm


世良恵子 ピンブローチ/花より団子 税込価格¥3,150
縦27×横35mm


世良恵子 ピンブローチ/菜の花 税込価格¥3,150
縦35×横24mm


世良恵子 ピンブローチ/タンポポ 税込価格¥3,150
縦30×横34mm


世良恵子 ピンブローチ/蝶 税込価格¥3,150
縦35×横22mm


世良恵子 ピンブローチ/たけのこに雀 税込価格¥3,150
縦28×横35mm


世良恵子 ペンダント/しっぽネコ 税込価格¥3,675
縦20×横15mm/チェーン45cm

ブローチの裏面と留め金具

ピンブローチの裏面とキャッチ


世良恵子(せら けいこ) プロフィール

1986年 女子美術短期大学卒業
1986年〜93年 長谷川淑子七宝工房勤務
1997年 JAPANESE CONTEMPORARIES 出品(於 ロンドン)
1999年 個展 (於 東京)
2000,01年 韓日女性ジュウリー金属芸術家展出品
        (於 ソウル・東京)
2001年 CONTEMPORARY JAPANESE JEWELLERY 出品
     (於 ロンドン)
2002年 台湾・日本・韓国三国女性メタルアーチスト創作展出品
     (於 台北・東京・ソウル)
      EXHIBITION “FROM THE RISING SUN” 出品
     (於 ベルギー)
2004年 TOKYO STYLE IN STOCKHOLM 出品
     (於 ストックホルム)
      個展 (於 東京)
2005年 「日本の印象U」展出品(於 ドイツ、シュリースハイム)

★世良恵子〜これまでの作品★
●2006年 ハロウィン●2006年 クリスマス●2007年 ひなまつり●2007年 端午の節句●2007年 雨の日も楽しく●2008年 ひなまつり


 お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方はお問い合わせフォームをご利用下さい。
※通販も出来ます。送料は全国一律¥400(沖縄および離島を除く)、お支払いは下記の通りです。

@代金引換(手数料¥315/お買上げ代金1万円以上は無料)
 配達の際、品物と引換えに代金を支払う方法です。
 ご注文後、品物が揃い次第発送致しますので、配達員に代金をお支払い下さい。
 発送前にお知らせメールをお客様宛に送信します。配達日時をご指定下さい。

A銀行振込(前払い/品代の他に別途手数料必要/口座番号等は別途ご案内)
 ※誠に勝手ながら銀行振込の手数料はお客様にてご負担下さい。

B郵便振替(前払い/手数料無料)
 ご注文承り後に郵送する郵便振替用紙をご利用頂き、代金をお近くの郵便局から御送金下さい。

AおよびBの方法ですとプレゼントとして先様にお品物をお送りして、お支払いのみお客様にお願いするという形が可能ですし、もちろんご進物用の包装(リボン・のし紙等)を致します。
また、直接手渡しでプレゼントしたい!ということであれば
進物包装のうえ、手提げ袋をお付けしてお届けすることも大丈夫です。
クラフト小川 ぎゃらりー小川
(有)クラフト小川 フリーダイヤル 0120−733−513
〒107-0052 東京都港区赤坂3−12−22 
代表取締役 小川純一郎

 


2008年03月10日(Mon)▲ページの先頭へ
浜渡富雄〜現代陶芸家列伝vol.2
千葉県 創真窯 浜渡富雄の「浜渡富雄 創作陶展」

■□■ 浜渡富雄(はまわたり とみお)■□■

 陶芸の産地を持たない千葉県にあって、自由な発想で作品を創り、発表している浜渡富雄さんの作品展が、ぎゃらりー小川にて2008年3月10日から15日まで開かれています。今回は「花に寄せる」を主題に、共に日本を代表する花木で、日本人の心の故郷ともいえる桜と椿をモチーフとした花器と食器が並びました。弥生、春。春めく日々の歓びを、あでやかに、美しく、やさしげに表した器からは正に香りさえ匂い立つようです。
 さて、この機会に浜渡富雄さんの人と作品をご紹介したいと思います。
 浜渡さんは岩手県八幡平、国立公園松尾村に生まれ、現在は日本工芸会準会員。数々の公募展において入選入賞多数という今が旬の陶芸家です。
 成形方法はロクロ挽きがほとんど。特徴は『彩泥紙抜き』。絵柄を切り抜いた紙を器に貼り─紙抜き─、そこに化粧土で彩色する─彩泥─陶芸技法です。さらにはその上から手で絵を描き加え、丹念に花びら一枚、枝葉の一つ一つを完成させていきます。大変な集中力を必要とするこの細工を経て、初めて器に豊かな色彩と優美な表情が宿ります。一品一品に込められた思い入れと気合が、どんな小品一つをとってみても、大作なみの充実感を感じさせてくれます。
 尚、浜渡富雄さんの記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



浜渡富雄 椿文花器 税込価格¥63,000
径27×高さ25cm


浜渡富雄 椿文飯碗 税込価格¥5,250
径12.3×高さ5.7cm


浜渡富雄 椿文鉢 税込価格¥10,500
径22.5×高さ5.3cm


浜渡富雄 桜文ふたもの 税込価格¥6,300
径8.5×高さ6cm


浜渡富雄 梅文鉢 税込価格¥12,600
径16.5×高さ10cm


浜渡富雄 こぶし文舟形大鉢 税込価格¥16,800
35×19×高さ6.7cm


浜渡富雄 金銀彩草葉文大皿 税込価格¥26,250
径36.5×高さ6.5cm


浜渡富雄 南の島文皿 税込価格¥16,800
33×25.5×高さ5.5cm


浜渡富雄 桜文花器 税込価格¥13,650
W15.5×D6.5×高さ19cm


浜渡富雄 桜文お湯呑 税込価格¥5,250
径8.3×高さ7cm


浜渡富雄椿文お湯呑 税込価格¥6,300
径8×高さ8.3cm


浜渡富雄 一輪ざし 税込価格¥8,400
13×11.5×高さ11cm


浜渡富雄 南の島文抹茶碗(共箱付き) 税込価格¥26,250
径12×高さ7cm



 
浜渡富雄 プロフィール
1954年 岩手県八幡平国立公園松尾村に生まれる
1989年 千葉県に築窯
1992年 伝統工芸新作展入選
1992年 全陶展新人賞受賞
1995年 習志野市美術展覧会会長賞受賞
1995年 長三賞陶芸展入選
1996年 朝日陶芸展入選
1997年 千葉県展文化振興財団会長賞受賞
1997年 北の菓子器展奨励賞受賞
1997年 日本伝統工芸展入選
2002年 益子陶芸展入選
2002年 千葉三越個展
2004年 大滝村教育長賞受賞
2005年 神谷紀雄氏に師事
創真窯 日本工芸会準会員 千葉県美術会会員


★浜渡富雄〜現代陶芸家列伝★
バックナンバー 2007年5月 / 2006年6月



お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



2008年03月05日(Wed)▲ページの先頭へ
春の展示会 6人展 2008 開幕!
井上京子,佐藤悦子,鈴木薫,柏山節子,三好郁子,塚田道代「2008年 春の展示会 6人展」

■□■ 2008 春の展示会 6人展 ■□■

 2008年3月3日から8日まで2008 春の展示会 6人展が当ぎゃらりー小川にて開催されます。α工房の“薫風”こと鈴木 薫さんとその仲間たちによるジュエリーとアクセサリーなどのグループ展です。
 金・銀・プラチナなど多様な素材と、様々な宝石・貴石を使ったオリジナル作品のジュエリーは5人の作家がカジュアルからエレガンスまでをカバー。リフォーム相談も可です。お気に入りの逸品をお探しにお越しになりませんか。
 出品作家は前出の鈴木 薫さん、そして『純銀クロッシェ』の井上京子さん。『オリジナルジュエリー』は柏山節子さん。『彫金』の佐藤悦子さんに『ミネラルストーン』の三好郁子さんです。
 もうお一人は日本の貴重な伝統工芸品、幅1.5センチのアートともいえる『組紐』の塚田道代さん 尚、2008 春の展示会 6人展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。



鈴木 薫 ペンダントヘッド『ダックス』SILVER 税込価格¥8,000


鈴木 薫 ペンダント『ドルフィン』SILVER 税込価格¥25,000


井上京子 純銀クロッシェ ネックレス
(10K 平銀線 レッドクォーツ) 税込価格¥30,000


井上京子 純銀クロッシェ ピアス(銀線) 税込価格¥15,000


佐藤悦子 チョーカー(K18/珊瑚) 税込価格¥100,000
チェーン(K18) 税込価格¥30,000


佐藤悦子 ペンダント(K18/ラベンダーヒスイ) 
税込価格¥120,000
チェーン(K18) 税込価格¥25,000


柏谷節子 ペンダント(インカローズ) 税込価格¥13,000


柏谷節子 ネックレス(パール&スモーククォーツ) 
税込価格¥10,000


三好郁子 ペンダント(K18/南洋パール 15.4mm) 
税込価格¥65,000
チェーン(K18) 税込価格¥15,000


三好郁子 ペンダント(南洋真珠/淡水真珠AAA) 
税込価格¥20,000


塚田道代 組紐 税込価格¥15,750


塚田道代 組紐 税込価格¥21,000



お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。


   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2008年3月
           
         

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:33
昨日:204
累計:932,381