クラフト小川 ぎゃらりー小川  店主 小川純一郎 “モノもの” 応援帳 - 2008/01

上質な日本のクラフトのショップと陶芸・染織を中心とした工芸ギャラリーの店主が綴る“モノ=物”&“もの=者”へのエール集!




2008年01月21日(Mon)▲ページの先頭へ
会津のぬりもの展 開幕!
福島県 会津若松 国指定伝統的工芸品 会津塗の老舗 白木屋漆器店の会津漆器

■□■ 会津のぬりもの ■□■

 福島県の国指定伝統的工芸品「会津塗 あいづぬり」といえばご存知の方もきっと多いはず。「会津絵蝋燭(えろうそく)」、「会津本郷焼(ほんごうやき)」「会津木綿」、などとともに会津の風土が育んだ伝統工芸品です。
 これらに共通するものは ”素朴さと実用性”。そこには、会津人(あいづっぽ)職人の手仕事へのこだわりと、伝統に培われた技と心があります。
 この度の会津塗展は、創業300年の老舗 白木屋漆器店が、長くご愛用頂くに足る上質な木製漆器≪ほんとうのほんもの≫を、産地でお買い求めになるのと同等の廉価にてご提供しています。『会津の漆器は普段の生活に生かされてこそ価値がある』ことを多くの方に伝えるため2008年1月15日から2月1日まで、ぎゃらりー小川で開催される「会津のぬりもの展」をご紹介します。
 
 それでは白木屋漆器店の会津塗作品の数々をどうぞご堪能下さい。尚、会津のぬりもの展の記事はクラフト小川ぎゃらりー小川の公式サイトにも掲載中です。


会津塗 雛絵本朱入隅形額皿 税込価格¥14,700
特価¥9,800 121×180×厚さ15mm/皿立て付き


会津塗 雛絵洗朱ペア盃(2個セット) 税込価格¥6,300
特価¥4,200 径67×高さ26mm/「金地(消金地)」は、会津塗の得意とする技法で、消紛(けしふん)という極細かい金粉を塗りの表面に蒔き詰めたものです。金箔張りに比べて柔らかい仕上りになります。


会津塗 雛絵本朱甲丸小箱 税込価格¥11,500特価¥7,700 径100×高さ63mm


会津塗 黒4.5小判型茶托 五枚組 税込価格¥17,060
特価¥11,375 137×112×厚さ25mm/引き締まった印象にしたいときはやはり黒がお勧めです。艶を抑えた上品な色合いで大ぶりの茶碗に合う茶托です。茶碗は参考品です。


会津塗 薔薇絵古代朱酒杯(右) 税込価格¥9,975
特価¥6,650 径65×高さ108mm
会津塗 薔薇絵古代朱デザートカップ(左) 税込価格¥9,975
特価¥6,650 径105×高さ80mm


会津塗 御所車黒合口小箱 税込価格¥7,875
特価¥5,250 105×81×高さ63mm


会津塗 朱帯刷毛目鉄鉢形盛鉢 税込価格¥21,000
特価¥14,000 径255×高さ80mm/サラダボールにしたり、パスタなら家族分を一緒盛り。4人前たっぷりよそえます。表面は刷毛目にそって凹凸があり、傷が目立ちにくい仕上がりになっています。


会津塗 吉野春秋丸二段小重 税込価格¥13,650
特価¥9,100 径120×高さ100mm/桜と紅葉が一緒に描かれていますので一年を通して使えます。おもてなし弁当や卓上の菓子器にいかがでしょう。使いやすい形です。


会津塗 錦絵黒4.2古代形吸物椀五客揃 税込価格¥63,000
特価¥42,000 径127×高さ80mm(蓋を含む)/明治の末に始められた錦絵は会津の代表的な図柄のひとつです。こんなお椀が並んだら食卓がさぞ華やかになることでしょう。


会津塗 祥鶴黒13.0皿形屠蘇器 税込価格¥84,000
特価¥56,000 長手盆 395×275mm/英語で「ジャパン」といえば漆器のこと。おごそかで華やかな屠蘇器にふれるとき、日本人である事の喜びを身に沁みて感じます。お正月だけでなく桃の節句ともなれば白酒を楽しむなど、折節に使うことで漆の色が深まり家庭の年輪が増しますよ。


会津塗 祥鶴黒6.5二段重 税込価格¥47,250
特価¥31,500 195角×高さ150mm/琳派ふうの波に鶴文様を、会津独自の蒔絵技法「朱磨き」をつかって描きました。


会津塗 錦絵黒6.5三段重 税込価格¥68,250
特価¥45,500 195角×高さ210mm/晴れの道具の代表格といえば重箱。これはもっといろいろな機会に使われてもよいのではないでしょうか。大切なお客様を迎えるおもてなしの器として、結婚記念日、お節句、誕生日、父の日、母の日、様々なシーンがうかびます。あるいはちょっとしたパーティーのときなどにプチケーキを並べておくのもお洒落です。


会津塗 松風沈金黒6.5糸隅切三段重 税込価格¥73,750
特価¥51,625 195角×高さ210mm


白木屋漆器店(しろきやしっきてん) 沿 革

慶安年間  現在地の近隣にて創業
享保年間〜 漆器業を営む
明治2年  戊辰戦争後、当地漆器界の復興にあたる
明治8年  京都博覧会 銅牌受賞
明治10年  第1回内国勧業博覧会 褒状受賞
明治14年  第2回内国勧業博覧会 二等賞受賞
明治25年  米国シカコ万国博覧会 入賞
明治31年  全国漆器連合府県共進会 銅牌受賞
明治33年  仏国パリ万国博覧会 銅牌受賞
明治37年  米国セントルイス万国博覧会 銀牌受賞
明治38年  ベルギー博覧会 金牌受賞
明治41年  賜東宮殿下御買上の栄 
明治42年  第2回全国持産品博覧会 金牌受賞 
明治43年  日英大博覧会 金牌受賞
大正2〜3年 現店舗(土造洋風3階建)に改築
大正4年  賜皇太子殿下御買上の栄
同   年  御大礼記念木盃調製
同   年  サンフランシスコ万国大博覧会 銀牌受賞
大正6年  漆工競技会 一等賞受賞
大正7年  合名会社に改める
大正9年   賜皇后陛下御買上の栄
大正11年  平和記念東京博覧会 銀賞受賞
大正12年  賜高松宮殿下御買上の栄
大正13年  賜摂政宮殿下御買上の栄
昭和元年  全国産業博覧会金牌受賞
同   年  賜東久邇宮妃殿下御買上の栄
昭和3年  大日本勧業博覧会 銅賞受賞
同   年  御大礼記念不盃調製
昭和4年  べルギー万国博覧会 褒状受賞
昭和9年  賜東久邇宮稔彦王殿下御来店の栄
昭和27年  株式会社に改める
昭和28年  賜清宮内親王殿下御来店の栄
同   年  第1回全国漆器展覧会 中小企業庁長官賞受賞
昭和30年  賜高松宮殿下御来店の栄 
昭和35年  第2回日本漆器展 中小企業庁長官賞受賞
昭和41年  賜秩父宮妃殿下御来店の栄
昭和45年  沼木工場(下地工場)竣工
昭和49年  第9回全国漆器展林野庁長官賞受賞
昭和52年  第12回全国漆器展林野庁長官賞受賞
昭和53年  第13回全国漆器展農林水産大臣賞受賞
昭和54年  第14回全国漆器展農林水産大臣賞受賞
昭和55年  第15回全国漆器展林野庁長官賞受賞
昭和57年  常陸宮殿下、秩父宮妃殿下、高松宮殿下福島県献上品製作

★時と共に深まる漆器の美。老舗の伝統★
会津漆器 白木屋漆器店は約300余年前の慶安年間に創業、享保年間から会津若松で累代漆器業を継続している老舗中の老舗です。
 始めは木綿太物を扱っていたとのこと。創業当時は綿と綿の木を「棉」の字で表していましたので、その字を分解して「白木」と洒落たとのこと。それで屋号は白木屋。正しくは“しろきや”と読みます。「白生地」とも掛けてたのですね。
 享保頃(1720年代)からは漆器業を手がけ、問屋として江戸はもちろん、京、大坂まで出荷していたそうです。



お問い合わせ、作品のご購入を御希望の方は お問い合わせフォームをご利用下さい。



   


《クラフト小川ぎゃらりー小川のサイトメニュー》はじめにトピックス展示会スケジュール御利用のご案内お勧め商品作り手案内
《店舗所在地》〒107−0052 
東京都港区赤坂3−12−22
3-12-22,Akasaka,Minato-ku,Tokyo,107-0052
TEL.03−3583−3628
FAX.03−3583−3640
eメール info@craft-ogawa.co.jp
《営業時間》11:30〜21:00 土曜20:00まで 日祝休 


《プロフィール》 昭和32年東京赤坂に生まれる。都立九段高等学校卒業。昭和52年東京学芸大学教育学部入学。美術科を専攻。故橋本次郎先生に彫塑を、橋本堅太郎先生(前 日展理事長)に木彫と彫塑を師事。昭和58年大学院教育学研究科修士課程を修了する。中学校教諭一級普通免許及び高等学校教諭二級普通免許を取得。昭和57年4月より昭和59年3月まで東京学芸大学付属小金井小学校にて講師を勤める。平成3年、家業である有限会社クラフト小川の代表取締役に就任。現在に至る。現住所は東京都墨田区。家族構成は家内と長男と長女。愛読書は吉村 昭の小説と随筆(最近では“闇を裂く道”に感銘!)。それと吉田秀和の評論集。愛聴盤には4大B(バッハ・ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー)とヴェルディ・プッチーニのイタリアオペラが多い。好きな曲はフランクのヴァイオリンソナタ。
社団法人 日本彫刻会会員
社団法人 太平洋美術会会員

カレンダ
2008年1月
   
   

アーカイブ
2006年 (37)
5月 (15)
6月 (8)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)
2007年 (57)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (4)
5月 (9)
6月 (6)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (6)
11月 (8)
2008年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (3)
2009年 (19)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (4)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (5)
9月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2010年 (11)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
2011年 (3)
4月 (1)
6月 (1)
9月 (1)
2012年 (6)
4月 (2)
6月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)

アクセスカウンタ
今日:206
昨日:219
累計:910,827